熟成酒,古酒,
海中バナー
 
GRAND AFS 酒茶論オリジナル限定
GRAND AFS 酒茶論オリジナル限定
GRAND AFS 酒茶論オリジナル限定
GRAND AFS 酒茶論オリジナル限定
GRAND AFS 酒茶論オリジナル限定
GRAND AFS 酒茶論オリジナル限定
GRAND AFS 酒茶論オリジナル限定
GRAND AFS 酒茶論オリジナル限定
GRAND AFS 酒茶論オリジナル限定
GRAND AFS 酒茶論オリジナル限定
GRAND AFS 酒茶論オリジナル限定
GRAND AFS 酒茶論オリジナル限定
GRAND AFS 酒茶論オリジナル限定
GRAND AFS 酒茶論オリジナル限定
GRAND AFS 酒茶論オリジナル限定
GRAND AFS 酒茶論オリジナル限定
  • 日本酒の熟成プレミアム価値に取組む人気ブランド「AFS」から、限定特別版が登場

    日本酒熟成の雄AFS畤靴燭淵船礇譽鵐 『GRAND AFS』グラン・アフス ついに誕生
    なんと45年以上の熟成の酒をベースに、甘くスパイシーな香り、個性の極み酸味、圧倒される余韻は、上質なブランデーや熟成白ワインに引けを取らない個性。超長期熟成の限りのある楽しみ方を、「ここだけ」先行にご提案いたします。
    熟成酒はハードルがある・・と思われる方にも、熟成白ワイン?と思うような日本酒らしからぬ味わい、これは親しみやすくハマるテイスト。
    すでに熟成酒ファンの方にも、他にない独自の製法による個性と超・長期熟成で、一味も二味も違う新発見の深みある味わい。

    そんな知る人ぞ知るAFS新体験を、熟成酒の上野が蔵と共につくる、熟成酒をこれから楽しむ人にも、個性重視のコアな熟成ファンにも、本格をじっくり楽しんでもらえる酒が仕上がりました。
    誕生「GRAND AFS」グランアフス、ついに初登場です!
    日本酒の熟成価値で、世界に誇る酒へ 今回、蔵元とともに長年力を入れてきていた「AFS」という熟成日本酒から、これぞ熟成酒!と言える価値を形にし、お披露目させていただきます。

  • 通常の三段仕込で造るよりも遥かに手間がかかり、酸味と甘味を大幅に引き出す他に類を見ない希少なオリジナルの酒造り。試行錯誤の年を重ね、他にない個性、長期熟成向きの濃醇ながら軽やかな酸を持つ日本酒らしからぬ日本酒誕生へ。
    結果のすぐ出ない熟成への取組みは、木戸泉三世代紡ぎ完成の域へ、後のafs誕生へと繋がる。 AFSとは?
    ちょっと日本酒らしくない名「AFS」アフス、これはかつて製法開発に尽力した3人の頭文字を記念に残したもの。 彼らの思いは、天然菌が自然に活躍できる環境にする事で、(当時多かった)添加物や農薬、化学肥料を一切使用せず健康に飲めること。飲み手重視に手間暇惜しまない「旨き良き酒造り」のポリシーは、今も大切に守られている。
    先々代・先代からまた未来へ、古酒とその思いは長い時間の中で引き継がれていく偉業。小規模な造りで忠実に受け継がれる物語は、稀少な価値に溢れている。
    古酒と比較的近年の酒を、アッサンブラージュ(ブレンド)しバランスを整えた作品がAFS。
    格付ボルドーワインのように、異なるヴィンテージの酒を最良のアッサンブラージュで調和させる作品・AFS。味わいを整える事で蔵のスタイルを守る事に繋がっている、オールドヴィンテージが豊富だからこそできる手法。

    GRAND AFS 誕生へ
    今AFSのラインナップには人気ゆえ様々なタイプが用意され、少量手頃なものも楽しめます。だからこそ、トップ・オブ AFSを形にしておくことが、今後の軸として必要に思いました。 70年代のしっかり長期の熟成期間を経た選りすぐりの原酒、それを活かす補佐役のアッサンブラージュ、どの角度からも満足感高い完成度へ、買い手でもセラーで熟成できる720mlボトル。こんなコンセプトで、至高のAFS企画を進めて参りました。 GRAND AFSが示す日本酒の未来像へ、こだわりの孤高蔵こそパイオニアにふさわしいと思っております。
    異次元異端の味わい?
    新酒の日本酒は繊細フレッシュな味わい、素材を生かす軽めな味付けとよく合います。現代の我々の食事は、洋食や中華も肉料理もよくいただきますね。そんな力強い料理に、同じ食中主体の醸造酒・ワインでは、強い料理に負けない赤ワインで合わせやすいでしょう。
    日本酒では?・・
    食中酒として素晴らしい日本酒は、料理とのバランスや相性にもっと幅を持てると、シーンごとに一層美味しく楽しめます。力強い料理と相乗できる旨さ、アミノ酸豊富な熟成タイプの良さです。
    特にこのGRAND AFSの特徴は、綺麗に際立つ酸とパワフルな濃醇テイスト。飲み心地よい気楽さと、深みある旨味が同居する珍しいタイプの日本酒新感覚です。
    上質な熟成白ワインで肉料理をいただくように、こんな体験・シーンができる日本酒を完成させたかったのです。
    美しく深いアンバーなテリのある赤褐色。香りは独特の甘い香りでバニラ香が香ばしい。非常に飲みやすく、爽やかな酸がフィニッシュまで。酸と甘みは、ブランデーやウイスキーに近しいイメージ。甘みある乳酸を感じる濃縮で軽やかな酸味が独特の個性。後の柔らかい余韻が大変長く、濃厚さと軽やかさを同時に持つ日本酒の異次元です。

  • 「オランジェのすゝめ」マリアージュ提案
    色、艶、香り、味、余韻・・・五感でより堪能できるよう、AFSと一緒にぜひと、おすすめするもの。チョコレート。古酒によく合う食べ物ですが、特別に作っていただいたオランジェショコラがAFSとベストマッチのハーモニー。造り手の荘司さんも大絶賛のコンビネーション。
    表面パウダー粒が大変細かいチョコがまず唇に触れ、まずこの酒のビターな香りとマッチします。チョコを噛んで苦味と甘味あるオレンジピールが出ると、今度はこの酒の丸い熟したオレンジのような酸味と出会うのです。この濃淡相まった重層的な楽しみは、まるでオーケストラのハーモニー。
    この密かな楽しみ「2段階ハーモニー」は、時間や輸送のかかる流通向け硬めコーティングのオランジェでは、味わえない。細かいパウダーが剥がれないように、寺山さんというチョコレート専門工房さんが丁寧な仕上げに協力して下さり、BAR酒茶論で大変喜ばれる驚きのマリアージュ。

GRAND AFS 酒茶論オリジナル限定

限定特別版・酒茶論オリジナル

日本酒熟成の雄AFS畤靴燭淵船礇譽鵐 GRAND AFS』グラン・アフス ついに誕生

 

なんと45年以上の熟成の酒をベースに、熟成白ワイン?と思うような日本酒らしからぬ味わい、これは親しみやすくハマるテイスト。

すでに熟成酒ファンの方にも、他にない独自の製法による個性と超・長期熟成で、一味も二味も違う新発見の深みある味わい。

そんな知る人ぞ知るAFS新体験を、熟成酒の上野が蔵と共につくる、熟成酒をこれから楽しむ人にも、個性重視のコアな熟成ファンにも、本格をじっくり楽しんでもらえる酒が仕上がりました。

ついに誕生「GRAND AFS」グランアフス、登場です!

先行でMakuakeさん初登場させた時には、なんと目標の500%〜!!の人気。

木戸泉酒造さんとともに

想いを共有し一緒に取組む蔵は、私上野も長年AFSの発展を共にしてきた木戸泉酒造さん。熟成にこだわる個性派蔵として、ファンからも人気の小規模蔵です。

想いれある酒蔵とともに、かつて酒茶論オリジナルで始まったAFSで、熟成の魅惑を知っていただきたい一心の企画です。

なんと言っても昭和30年代から世界を目指し研究してきた独自製法は、日本中どこにも真似のできない技。その脈々と受け継がれる物語、ご紹介します。

孤高のこだわり 木戸泉

千葉県の外房・大原にこじんまりと存在する明治から続く木戸泉酒造。一昨年の千葉台風被害の際には、水など地域へ提供する等人々とともに歩み、愛され続ける地元の酒蔵です。ここでは、何とも壮大な夢を持つ酒造りが、長きに渡り毎年行われています。

どのように日本が世界に誇る国酒へ、私たちは挑戦できるか?

木戸泉三代にわたる挑戦の始まりは、1950年代に先々代が海外で日本酒を飲み旨くなかったという経験から。

「ウィスキーやワインに負けないコクと酸を備えた、刻を重ねてこそ味わい深くなる酒」

を目標に、たどり着いた製法が高温山廃一段仕込という大変!な独創的な製法。

通常の三段仕込で造るよりも遥かに手間がかかり、酸味と甘味を大幅に引き出す他に類を見ない希少なオリジナルの酒造りです。試行錯誤の年を重ね、他にない個性、長期熟成向きの濃醇ながら軽やかな酸を持つ日本酒らしからぬ日本酒誕生へ。

結果のすぐ出ない熟成への取組みは、三世代紡ぎ完成の域へ、後のafs誕生へと繋がるのです。

AFSとは?

ちょっと日本酒らしくない名「AFS」アフス、これはかつて製法開発に尽力した3人の頭文字を記念に残したもの。

古酒と比較的近年の酒を、アッサンブラージュ(ブレンド)しバランスを整えた作品がAFSです。

格付ボルドーワインのように、異なるヴィンテージの酒を最良のアッサンブラージュで調和させる作品・AFS。味わいを整える事で蔵のスタイルを守る事に繋がっている、オールドヴィンテージが豊富だからこそできる手法です。

GRAND AFS 誕生へ

70年代のしっかり長期の熟成期間を経た選りすぐりの原酒、それを活かす補佐役のアッサンブラージュ、どの角度からも満足感高い完成度へ、買い手でもセラーで熟成できる720mlボトル。こんなコンセプトで、至高のAFS企画を進めて参りました。

異次元異端の味わい?

食中酒として素晴らしい日本酒は、料理とのバランスや相性にもっと幅を持てると、シーンごとに一層美味しく楽しめます。力強い料理と相乗できる旨さ、アミノ酸豊富な熟成タイプの良さです。

特にこのGRAND AFSの特徴は、綺麗に際立つ酸とパワフルな濃醇テイスト。飲み心地よい気楽さと、深みある旨味が同居する珍しいタイプの日本酒新感覚です。

美しく深いアンバーなテリのある赤褐色。香りは独特の甘い香りでバニラ香が香ばしい。非常に飲みやすく、爽やかな酸がフィニッシュまで。酸と甘みは、ブランデーやウイスキーに近しいイメージ。甘みある乳酸を感じる濃縮で軽やかな酸味が独特の個性。後の柔らかい余韻が大変長く、濃厚さと軽やかさを同時に持つ日本酒の異次元です。

造り手杜氏・荘司社長より

「今回の作品は45年以上熟成を経た、1975年原酒をベースにしました。100年後もこの味わいを残し後世にも楽しんでもらいたい酒、という強い想いを込め、親子三代で繋いだ限りある貴重な原酒を選びました。50年後こうなるだろう、こうなってほしい、ということが今まさに現実になっている、大変貴重な酒です。

(蔵の残るかつての広告写真です。AFSは50年を迎えます。)

1975年原酒に昭和、平成、令和、三つの時代に醸造された原酒をブレンド、時代を超えてきた人生のような価値と感じる作品です。(私自身が75年生まれ、個人的にも集大成AFS、の気持ちで投影しております)

この酒を初めて口にする方は、ほぼ100%驚き!の味わいに自信を持っております。その驚きは、またこの先熟成を進めることでまた違った顔をみせる、そんな楽しみ方を体験できる酒です。」

仕様

容量:720ml

原材料:米、米麹、醸造用アルコール

アルコール度:15%

製法:高温山廃一段仕込・本醸造 精米歩合70%

熟成:瓶内常温熟成保存

原料酒の年:1975年原酒をベースに古酒ブレンド仕上

製造者:木戸泉酒造株式会社

各1本カートン箱入り

商品コードZ001-301

製造元木戸泉酒造

原産地千葉県

商品別特殊表示※限定製造につき、しばらく不定期入荷随時です。ご迷惑おかけいたします。入荷次第に数量限定でUPいたします。

定価

販売価格16,500

ポイント165

数量 残りあと4個

この商品について問い合わせる

ファンからコメント

  ニックネーム : 評点 :
内容 :

レビュー件数:3

評価

2021/04/16

MKさんさん

熟成酒づくりには大変な手間とコストが掛かっていることと思います。
私ができる応援はさせていただきます。
今後とも幸せの提供をよろしくお願いします。

評価

2021/03/22

まっっちゃんさん

木戸泉さんのファンです!アフスで古酒の魅力にハマりました!今回、特別版のアフスとのこと。期待高まります。到着を楽しみにしています。

評価

2021/03/22

MKさん

熟成酒づくりには大変な手間とコストが掛かっていることと思います。
私ができる応援はさせていただきます。
今後とも幸せの提供をよろしくお願いします。

1件〜3件 (全 3件)