熟成酒,古酒,秘蔵酒,ヴィンテージ,
ウロコ
 
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ
  • 日本酒の古酒って、どんな味わいなんだろう? 
    どんな食と合わせて愉しむのだろう?
    そんなときはこの木戸泉さん古酒五曲がお勧めです。
    同じ原料、同じ製法で造った純米原酒を、それぞれの年数熟成させた酒の詰め合わせ。 1年・5年・10年・15年・20年と5種類もの古酒が一度に味わえるなんて、日本酒にとって時間がどのように変化をもたらすのか、知ることができます!

    日本酒の古酒といっても、製法、タイプ、熟成の浅いものから深いものまでさまざま。 個性味わいもそれぞれちがいますので、きき酒してあなた好みの1本を探すのもこの詰合せの魅力の一つです。
    熟成酒との出会いは一期一会。あの時のあの味わい、その瞬間にしか愉しめないかもしれません。あなただけの味わい探検、いかが?

  • “古酒づくりを先駆けた蔵”としての自負。
    「長期間保存してもヘタらない酒造り」へ駆り立てたきっかけが、先先代が体験したワインやウィスキーのような時間価値、成熟した深みある酒の魅力。木戸泉三代にわたる挑戦の始まりは、1950年代に先々代が海外で日本酒を飲み旨くなかったという経験から。

    「ウィスキーやワインに負けないコクと酸を備えた、刻を重ねてこそ味わい深くなる酒」
    を造りたいという目標に、たどり着いた製法が「高温山廃一段仕込」という大変!な独創的な製法。
    昭和の時代、製造後一年を過ぎると等級も価格も落ちてしまう日本酒において、古酒造りを念頭に醸造法の研究、試行錯誤に賭けた木戸泉の覚悟。そして先駆者としての自負ーーーここには、5年10年、一番古いもので50年を超す古酒が今も熟成を重ねています。
    熟成が進むにつれ、香りや味わい・余韻に、複雑さや深み、円熟感や旨味の違いに気づくはず。

  • あくなき可能性の追求に、木戸泉の個性
    時は少々前の昭和30年代三増酒全盛期の頃、「これからの日本酒は、食中酒としてそれに対応していかねばならない、そのためには日本酒の多様化、個性の復活が不可欠である」と考え、木戸泉ではふたつの目標を立てました。
    ひとつは長期熟成に耐えうる日本酒(古酒)の開発、そして熟成向きであろう濃厚多酸酒の開発です。
    高温山廃、乳酸菌使用、一段仕込み…。当蔵の代表酒『AFS(アフス)』は、濃厚多酸酒、つまり酸味の強い濃厚な味わいで、他に類を見ない特徴を持つ日本酒です。まるで熟成ワインのようなバランス。
    日本酒は通常、原料の米・米麹などを3回に分けて仕込む、三段仕込みと言われる仕込み方法が一般的ですが、この『AFS(アフス)』は原料の米・米麹を一度に全て入れて仕込む「一段仕込み」という方法で仕込みます。 しっかりしたコクとふくらみのあるボディ、乳酸由来の優しい酸味が食欲をそそる食中酒。木戸泉の個性となりました。
    古酒をリードする蔵のひとつ、そこでは脈々と時代を重ね続け、希少な酒の楽しみを提供してくれています。

    このセットは古酒入門編としてお好み味わいの探求に、そこから魅力に目覚めたとしたら、熟成の世界は大きく広がっていますよ。それぞれ熟成年による個性、違い、似合いそうな食、、、探してみてください。


    「GRAND AFS」 グランアフス 2021年誕生の熟成酒アッサンブラージュ作品も人気。

木戸泉 古酒五曲 1-20年5本飲み比べ


飲み方に決まりはありませんが、長期熟成酒はあわてて飲んだり、すぐに注ぎ足したりせず、ゆっくりとした時間共にと味わい、時間の経過や温度変化による味わい変化がお楽しみいただけます。
まず酒をグラス(少し口のすぼまった大き目のものがおすすめ)に注ぎ、光に透かして、輝く色の美しさを見ます。次にグラスをゆらしながら鼻に近づけ、独特の香りを確かめ、口に含みます。優しい口当たり、香りと味のハーモニーが、ボリュウム感豊に広がり、変化をみせながら余韻のある味わいが伝わってきます。

同じ原料、同じ製法で造った純米原酒で熟成5年ごとの成長を辿る、熟成酒手始めとしてこんな贅沢な話はないでしょう。一人でも仲間同士でも、じっくり楽しんでほしいです。

 

「軽やかな酸味の個性」

木戸泉の独自製法「高温山廃仕込」は、独特の味わいである、酸味の強い濃厚さを持つ個性となる。さわやかでフレッシュなアタックから、徐々に落ち着きを感じさせるおもしろいテイスト。通常のコハク酸由来の酸の重みと違い、乳酸由来の酸味が軽やかさを生み飲んでいて心地よい。私にとって気楽に付き合えるライト感覚な熟成酒。重厚に奥深い複雑味を堪能させてくれる、というより熟成酒の幅を感じさせる軽やかな酸味の逸品。他にまねのできない独自製法を進化させ続けるスタイルは、熟成酒の未来に大きく寄与しており、自然醸造を価値とする愉しみを世の中に問うています。
 上野伸弘 


「木戸泉 古酒五曲」について

原材料名 米・米麹
  原料米  兵庫県産  山田錦
精米歩合 60%
アルコール度数 18%
ブレンド
製法
及び保存環境
なし
純米
常温倉庫にて熟成
容量 180㎖x5
熟成期間 1年から20年まで
生産本数 在庫少量


「蔵元」について

会社名 木戸泉酒造株式会社
    KIDOIZUMI SHUZO Co.,Ltd.
住所 〒298-0004
千葉県いすみ市大原7635-1
TEL 0470-62-0013 
代表者 五代目蔵元 兼 杜氏 荘司勇人氏
従業員数
10名
創業 明治12年(1879年)
WEB http://www.kidoizumi.jp/


昭和の時代、製造後一年を過ぎると等級も価格も落ちてしまう日本酒において、古酒造りを念頭に醸造法の研究に賭けた木戸泉の覚悟、そして先駆者としての自負ーーーこれは日本酒の価値創造に、小さい蔵から大きなメッセージ。 5年10年20年・・・一番古いもので50年を超す古酒が今も熟成を重ねています。 この蔵から近年最上位となる
「GRAND AFS」という熟成酒アッサンブラージュ作品も人気となりました。古酒の年代ストックが豊富な蔵だからこそ可能な、特別の味わいを生み出し続けています。

商品コードA101-002

製造元木戸泉酒造

原産地千葉県

商品別特殊表示※180ml 5本専用箱入 送料税込価格です

定価

販売価格6,600

ポイント0

数量 残りあと46個

この商品について問い合わせる

ファンからコメント

  ニックネーム : 評点 :
内容 :

レビュー件数:1

評価

2021/04/30

くにくにさん

日本酒の熟成には馴染みがない父へ、ゆっくりと愉しむお酒をと贈りました。
刻を重ね円み帯びた酒は、ひとりでじっくり飲むと最高だと父に好評、味わって飲んだようです。
その後は熟成酒を色々と探して、希少な酒を見つけては喜んでいます。

1件〜1件 (全 1件)