熟成酒,古酒,
海中バナー
 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 
【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 

  • 海、自然の貯蔵庫


    驚かれる円熟感、柔らかい上品な香りは、海中という自然の熟成庫で眠った日本酒だけが持つ、今ここだけの限りある愉しみ。じっくりと寛ぐ時間に、心地よい穏やかさで幸福な時間をもたらしてくれる。海に沈んでいた、そのままのボトルから注がれる酒は、一層にその旨さを演出する。
    海という自然の「熟成保存庫」で寝かせる夢のある試みを、2013年から各蔵元さんたちと共に実行し続けている。

    海に眠る酒、世界中で魅了される逸話


    2010年、ちょっと神秘的でロマンチックなニュースがヨーロッパから。海底に沈む難破船からシャンパンが引き上げられ、テイスティングされた。このワイン、1830年前半にフランスからロシアへ贈られる途中のもの、なんと約180年間海底に眠っていたことになる。その味は、大方の予想を裏切りフレッシュで生き生きとしていたとのこと。
    また、第一次大戦中の沈没船から引揚げられ、80年の時を経て飲まれたワインも、驚くほど若々しく素晴らしい熟成をしていたという。この奇跡の酒も多くの人の関心を持たれた。
    時折ニュースとなり世界中の人々の想像力をかき立てる夢の海中での熟成酒。生命の源・海からの贈り物は、どうやら最高の熟成をもたらす秘密をもっているようだ。そんな海という熟成庫で日本酒を向上させることができないかと、2013年当時まだなかった「海中熟成酒」の発想が生まれた。

    初の海中熟成酒プロジェクト


    2013年、複数の蔵元や地元の町、ダイバーほか多くの協力者とともに、構想準備2年のプロジェクトは、ついに実行された。沈めたゲージが流されたり、瓶に海水が入ったり、引揚に失敗したり・・・様々な試行錯誤・失敗を重ねた末に。私も、海に潜水時エアタンク事故に遭ったり。
    ともあれ、日本一の海溝を持つ駿河湾の透明度高い素晴らしい海の底20m、ここで自然の力を借り素晴らしい熟成酒の誕生へ、夢のスタートが全国に先駆けてきられた。当時テレビ取材やクラウドファンドを通じて、多くの方の応援をいただいた。
     

     2013年当時の紹介ページはこちら 
     

     Facebookはこちら 

    半年の熟成を経て期待と好奇心を受けた酒たちは、予定通りのまろやかさを増し深みある上質な酒へと変貌していた。現在まで、毎年様々なお酒たちが海の恩恵を受けるべく、穏やかで澄んだ南伊豆の海へ送られて続けている。

  • 海がもたらす美味しさの秘密は?


    様々テイスティングで指摘されることは、まろやかさ。 アルコールの刺激が和らぎ、味わいや香りの要素が混ざり合い見事に調和したような印象。
    完全に解明はされていないが、わかってきたこともある。通常熟成の要因としては「時間」「温度」「紫外線」「振動」等と言われている。この「海中熟成酒プロジェクト」も2013年から重ねる中で得た知見は、「振動」が重要な意味を持つと考えている。 共同研究いただく慶応大学の研究所で、微弱振動による分子の結合や、味わい要素・アミノ酸や有機酸に変化が認められている。
    振動といってもユサユサ揺らされるものではなく、気中より伝導が多い海中での様々な音、波や海流、魚たちの出す音の周波。これがまろやかな味わいの酒へとゆっくり誘っていると思われる。

  • 富士山が贈る水から・富士錦酒造


    静岡で江戸時代より続く富士錦酒造は、富士山の麓に位置し、清らかで良質な富士の伏流水に恵まれた蔵元。富士山の岩盤にろ過されたまろやかな水で造られた純米酒は、大変香り豊かで柔らかい。飲む人々に喜ばれることにこだわる伝統を感じさせる。
    現在18代目となる清(せい)社長もお酒で感動体験を、と語る。
    海中熟成酒…への思い(富士錦酒造・清(せい)信一社長)
    「日本一深い駿河湾の海底でお酒を熟成させる事は、大変面白く興味深い試みです。海という自然の熟成庫で、一体どんな酒に成長しているか…といつも楽しみにしています。」

    地元静岡生まれの、希少な酒米


      この酒に使われた酒米「誉富士(ほまれふじ)」は、平成10年に静岡県で生まれた酒米。 「酒米の王様」と呼ばれる「山田錦」の変異株、粒が大きく高度な精米にも耐えられる優良な米として知られる。その特徴は、優秀な親である山田錦の特性に加え、静岡産酵母特有の爽やかな香りと、滋味あふれる味わい。
    その米「誉富士」を自社で栽培し、その米100%で醸す渾身の純米酒は、2014年に純米酒大賞で特別純米酒部門の最高金賞を受賞。
    この受賞について清社長は、「今回の出品は、自分たちの純米酒がどの位の評価を頂けるのかを確認したいという事で、実は初の出品でした。それが、最高金賞に選ばれたというお知らせをいただき、あまりに思いがけず、嬉しいというよりちょっと呆然としてしまいました。」「なにより静岡が開発した酒米・誉富士の純米酒での受賞というのが、とても喜ばしい事だと思っています。」と語る。

    米に責任を持つ田植えから酒造りまでの全てを酒蔵で完結させるという、珍しい取り組みにより生まれた特別純米酒。
    この酒を、地元の海がどのように仕上げるのか。海と山、水と米と人、全てをこの地で完結する物語は、とても興味深い。       上野伸弘



    2020年11月、潜航しました



    クレーンで釣って船へ


    沈降


    バランスとりつつ・・


    海底へ到着

【海中熟成2021】予約 海と大地の比較テイスティング 富士錦 720mlx2本 

【先行予約2021年引揚げ分】 海と大地、熟成の違いとは? 

  1. 静岡・伊豆沖の海底に、毎年静かに眠る日本酒がいることを、ご存知ですか?
  2. 私たちプレミアムサケコンソーシアムは、2013年から毎年、海の力で熟成される、ちょっとユニークな酒を提案しています。
  3. 今回、2020年11月24日に沈め半年後、2021年6月引き揚げ予定の酒を、先行販売いたします。
  4. セットのもう1本は、同じ酒を地上で保存されたもの、一緒に飲み比べられるセットです。
  5. 地元静岡生まれの希少な酒米で仕込んだ純米酒、熟成の違いを味わって見てください。
  6. ・期待して待って、飲む、酒の愉しみ方提案 
  7. ・”海が丸くする日本酒” 美味しさ特別体験
  8. ・海に沈めた本数だけ、毎年人気の限定企画

※お届けできるのは、2021年7月頃予定です。海に眠るあなたのお酒を、楽しみつつお待ちください。 Facebookで現地の情報を更新予定です。

海からあなたへの特別感

酒茶論では2013年より海中熟成にトライし、BARで飲んでいただいております。海と陸、熟成の違いを興味深く楽しんでいただき好評です。
今回紹介させていただくのは、2020年11月〜2021年6月予定のお酒。半年の間には、海流や台風等のリスクもありますが、先行予約販売でご紹介します。(万が一引き揚げできない等のお届け不可な場合は、返金させていただきます。)
同じお酒の地上貯蔵と合わせての2本セット、果たして味わい変化の差は?
2021年7月お届けを楽しんでお待ちください。時おりトップページ中の「海中熟成酒プロジェクト」facebookより、状況のお知らせをする予定です。

 facebook「海中熟成酒プロジェクト」こちら

企画チャレンジする酒は「富士錦・特別純米・誉富士」在庫は限定120セットです。

熟成による日本酒の可能性と価値の向上を

プレミアム・サケ・コンソーシアムの上野伸弘と申します。

40年ほど酒と関わり長期熟成日本酒BAR「酒茶論」を運営してきた中で、「もっと日本酒の価値を高めたい」と思い至っております。日本酒文化を国内外に発展させていく上で、多様な価値の提案が必要と考えております。

その為に必要な付加価値化には様々な方法がありますが、私は時間という酒に共通する「熟成」の方法を用い、日本酒のおいしさの幅を広く紹介していけると信じ活動して参りました。今、新酒の日本酒とは違った深みある味わいには、関心が一層高まってきたと感じております。

そんな中魅力ある熟成方法として、海という自然の「熟成保存庫」で寝かせるPJを、各蔵元さんたちと共に実行しております。

海がもたらす美味しさは?

様々テイスティングで指摘されることは、まろやかさ。 アルコールの刺激が和らぎ、味わいや香りの要素が混ざり合い見事に調和したような印象です。
 


地元静岡・富士山の麓、富士錦酒造さんのご協力を得て、半年間静かに眠った特別純米酒は2021年6月に引き上げられる予定です。

海中熟成酒への思い(富士錦酒造・清(せい)信一社長)

「日本一深い駿河湾の海底でお酒を熟成させる事は、大変面白く興味深い試みです。海という自然の熟成庫で、一体どんな酒に成長しているか…といつも楽しみにしています。」

水に恵まれた地で、富士錦酒造で酒米も栽培

海中熟成のテイストとは…

「海の底で過ごした酒、今回はどんな顔を見せてくれるのか?? 想像と期待を膨らませワクワクした気分でテイスティング。
外観は透明なテリのある薄めの黄金色。軽く樽熟した上質な白ワインのような美しい色調。
香りは最初上立ち香は開いていないが、含むと古酒にしては柔らかいやさしさ、後の抜けるリンゴの香りが何とも上品にスーッと残る。
味わいはやや甘く柔らかなアタックの旨味、複雑味に加え純米らしさが全て丸く穏やかで心地よい。
開封から時間がたつにつれ徐々に変化していく香りと酒質を、十ニ分に愉しめる。海に包まれ眠っていた酒ならではなのか、酸味と苦味が角を取れ調和したやさしい奥深さを感じた。やはり海の幸、磯のものと一緒に味わうのが似合うが、ドライフルーツやナッツといったつまみにも大変よく合いそうだ。」

日本酒の価値向上へ・上野伸弘より

海の中で眠った熟成日本酒、その貴重な他に類のないまろやかさを少しでも知って楽しんでいただきたく思います。海の中の熟成庫、最高の微弱な振動が酒質に及ぼす変化、その異次元なまろやかさは、可能性と浪漫に満ちた夢の味わいがあります。

「日本酒の価値を高めよう」と40年あまり取組を続けてきた中、熟成という時間軸を用いることが大いに可能性のある方法のひとつと思っております。<br>

海中熟成は興味深い熟成法のひとつとして、多くの人々のご協力をいただきながら行って参りました。

   株式会社プレミアム・サケ・コンソーシアム 上野伸弘 一般社団法人刻SAKE協会常任理事


 

「富士錦特別純米誉富士720ml​」について

原材料名 米・米麹
  原料米  富士宮芝川産 誉富士
精米歩合 60%
アルコール度数 16%
ブレンド
製法
及び保存環境
なし
純米
常温貯蔵
容量 720㎖
ヴィンテージ 2020年
2020海の本数  120本

水:地下30mの富士の伏流水 酵母:静岡酵母 日本酒度:+4.3 酸度:1.5

「蔵元」について


会社名 富士錦酒造株式会社
    FUJINISHIKI SHUZOU Co.,Ltd.
住所 〒 419-0301
静岡県富士宮市上柚野532
TEL 0544-66-0005
代表者 18代目・清信一氏
従業員数
26名
創業 元禄年間(1688ー1704年)
WEB https://www.fujinishiki.com/page/item/index.html

 

商品コードA001-006

製造元富士錦酒造

原産地静岡

商品別特殊表示※2021年7月頃お届けの予約です。※2021年引揚げ分予約お申込み特典、10%割引中。

定価

セール期間2020年11月05日00時00分 〜 2021年05月31日23時59分

割引率10

販売価格9,900

ポイント0

数量

この商品について問い合わせる

ファンからコメント

  氏名 : 評点 :
内容 :

レビュー件数:1

評価

2020/11/12

くにくにさん

随分以前に海中熟成酒を知りましたが、気になっていました。
来年夏に届くのを、楽しみに待ちます。

1件〜1件 (全 1件)